薬局に停めた車で冬陽を浴びるお婆さんが、薬取りのお爺さんが運ぶカップコーヒーを窓から手を出して受取る。ふとお爺さんと微笑みを交わす私の買い物道です




 
 
 




「幸せ係り」


春は 桜の花びらのようにお喋りをしよう
夏は 芝のテーブルにご飯を広げよう
秋は 車のガラスに雨ともみじを貼ろう
冬は 星達のとんがり靴をベランダで数えよう




ランドセルの隙間に入る涙を 全て呼び出そうね
笑顔で 心を丈夫に育てようね
あなたが旅立つ日まで 私は幸せ係り



                               181208



 
 『日本現代詩人会』 第6期入選 ホームページに掲載されています
                            作品「口上」篠ア美江子
 


 ホークスみよし新ホームページ&Wixページ移行への「写真と言葉」+++   助川久美子「道の夜明け」CDアートディレクション-文-photo+++
掲載文章・画像は全て著作権法により保護されています
  Copyright(C) 2016 Mieko Shinozaki All Rights Reserved.