本文へジャンプ
ガスセパレーター

平成20年10月の温泉法改正により可燃性天然ガスへの安全対策

が義務付けられました。

 スルガエンジニアリングでは、豊富な実績に基づき申請から設置

工事まで全てをお手伝いさせていただきます。

 
ガスセパレーターの詳細について
  詳しくはこちらまで   ガスセパレーター FRP製NO.1.pdf へのリンク  
  
                        
ガスセパレーター FRP製NO.2.pdf へのリンク  

                        ガスセパレーター FRP製NO.3.pdf へのリンク  



可燃性ガス濃度測定(排気口)
  
  可燃性天然ガスは屋外に排出し、その排気口は床面または
  地面から高さ3m以上必要です。
  



■源泉測定口




■源泉口可燃性ガス対策

  可燃性天然ガス発生設備から水平距離1m(可燃性天然ガスが
  多い温泉では2m)かつ垂直距離5mの範囲内で火気の使用は
  禁止です


  当社では温泉法に基づいたフェンスの設置を行い周辺への
  安全対策を配慮して施工をしております。





    Copyright(C)2008 surugaengineering Corporation. All Reserved.